宿泊業、外食業でのベトナム人材の採用はお任せください

宿泊業での制度別の受け入れに比較。

特定技能のホテル側の希望は、日本語ができる人に来てもらい、掃除や皿洗いなどの単純作業をしてほしい傾向がある一方、制度上、そういった業務に専従させることはできなく、日本語ができるような人材は日本語を使う仕事を希望しているため採用後にトラブルになることが想定されます。

そのため、目的に応じた受け入れ方法や対象者などをまとめてみました。(技能実習は宿泊業は追加される予定ですが、現状まだ技能実習に入っておりませんので、あくまで想定です)

技能実習 特定技能
目的 計画的に数人ずつ採用し、最初は日本語ができなくても、補助業務や裏方業務に従事してもらいながら育てて2年後3年後に接客でも戦力となれるように活用したい。 採用時期は問わずひとりずつでも、少し日本語ができる人をお客様の案内やフロント、レストランなど日本語を使う仕事をしてほしい。
対象者 18歳以上の主に高卒 留学経験者や大学の日本語学科卒業生
日本語能力 「やさしい日本語」ならなんとか会話できる 制度的にはN4以上だが、技能試験の合格はN3やN2が現実的。(注1)
入国までの期間 面接から6~7か月後 技能試験の合格者なら申請して在留資格が出ればすぐ
計画的な採用 可能。「〇年〇月に〇人入国」などの計画的な採用が可能です。 不可。対象者自体がほとんどいないため、希望者がでてきた都度ひとりずつ面接をして、お互いが良ければ採用、入国となると考えられます。
転職 不可 可能
給料 15~16万程度 18~20万
初期費用 初期費用30万円程度 人材紹介会社への紹介手数料や申請費、教育費、渡航費など(今後ベトナム側の制度で費用負担が決まる可能性が高い)
監理費、支援費 ひとりあたり3~5万/月(監理団体にもよる) 自社で支援する環境があれば不要。登録支援機関に依頼すればひとりあたり1.5万~3.5万円程度と想定。
募集難易度 比較的簡単 現状世界中に280人しか対象者がいないため現状ほぼ不可能。今後試験環境が国内海外で整備されてくれば変わってくるが、それでもニーズに対しての供給が少ないため難しい。
業務範囲 「接客・安全衛生作業」とのことですが、詳細はまだ不明です。資料などから予想すると、フロントやレストランの接客補助などをやりつつ、食事や会場の準備、掃除なども関連業務として関わって良いのではと考えられる。 宿泊施設におけるフロント,企画・広報,接客及びレストランサービス等の宿泊サ
ービスの提供に係る業務。あわせて,当該業務に従事する日本人が通常従事することとなる関連業務(例:館内
販売,館内備品の点検・交換等)に付随的に従事することは差し支えない。
リスク 転職できないので、失踪リスクはある。日本へ行くための大きな借金を抱えている場合は、失踪や犯罪につながるリスクもある。 「日本語を使える仕事」と応募してくるので、日本語の使えない掃除や裏方の仕事ばかりだとかなりの確率で不満がたまり転職(制度上でも関連業務のみに専従させることはできません)。
お問合せ 技能実習について詳しく見る 特定技能について詳しく見る

注1:留学生や日本語学科の卒業者の日本語力はホテル側が期待しているほどではありません。留学生は勉強せずにアルバイトばかりしていた人が多く、自己紹介などの簡単な日本語は流暢に見えますが、基礎ができていないため難しいことはわからない人が多い。日本語学科卒業生はN2を持っていたとしても日本人と話したことがないため、面接時は会話がほとんどできません。しかし基礎はできているため、成長のスピードは速く、1年程度で流暢に話せるようになり、読み書きもできる人も多いが個人差がある。

 

宿泊業関係の最新情報など提供します。ご登録ください。

メールアドレスを入力し、「Subscribe」をクリックしてください。


 

 

運営する専門学校でホテルスタッフの研修

グエンチャイ大学の付属の専門学校では、ホテルやレストランの専門学校を運営しております。通常はここで学んだ学生は資格を取得し、ベトナム国内のホテルやレストランで働きますが、日本行きのためのホテルの研修プログラムも作っています。

ベトナム人が技能実習に参加する要件は、日本での職種と同様の経験が必要です。しかしまだ自営業が多いベトナムでは、前職を持っている人は少ないため、お金を出して偽装職歴を購入して技能実習に参加するのが現実です。

このため、技能実習修了した後に別の在留資格で日本に入国しようとしても偽装が見つかり入国できない人も多く、特定技能で入国できない人が続出することも考えられ、今後は関係者も何等かの処罰を受けることも考えられます。

弊社では、前職がなくても入国の条件となる、2か月以上かつ320時間以上のホテルの専門研修を受けてから、入国させることができます。

こちらがカリキュラム内容です。(ベトナム語を機械翻訳したものです)ベトナムの資格ですが、どこの国でも通用する内容となっております。これに加えて、日本語での用語やマナー教育などを行います。

https://drive.google.com/file/d/1M_uP_yMiTtTkkXPUnn8j9i27lmPT1HYO/view?usp=sharing

 

提携実習先ホテル

Au Viet Hotel

T&M Luxury Hotel Hanoi

6つの取り組み

外国人材の受け入れではいろいろな問題が発生しますが、企業様から見えないところに根を発している場合も多く、企業様にとってはなぜ問題が起こっているのか背景が見えないことがあります。技能実習生やエンジニアたちが安心して働く環境を作ることで、問題を事前に防ぎ、受け入れ企業様で活躍し貢献できるように、以下の取り組みを行っています。

1.良い候補者を募集するための取り組み

−Nguyen Trai大学との連携
−候補者リストの作成
−地方行政との連携

詳しく見る

2.マッチングの精度を上げるための取り組み

−候補者、企業様共に正直で正確な情報を伝える
−募集から面接、研修を通した選定

詳しく見る

3.日本語能力を伸ばすための取り組み

−講師は日本語専攻またはN2のみ
−WEBで日本とつないだ会話練習
−語学の基本である音読へのこだわり

詳しく見る

 

4.実習生の手数料を下げるための取り組み

−手数料を下げる取組み
−ライセンスを他社へ貸し出さない

詳しく見る

 

5.実習生たちの将来に対しての取り組み

−仕事へのマインドセット・将来設計
−帰国後の学生の就職相談
−月1回のカウンセリング

詳しく見る

6.実習生が活躍できるように企業様をサポートする取り組み

−やさしい日本語の使い方
-簡単な通訳・翻訳

 

最新ニュース