人材採用の流れ

人材の募集

LADECOでは、NGUYEN TRAI大学のキャリアセンターでもあることから、NGUYEN TRAI大学、付属の短大や高校の卒業生、近隣の大学から人材の募集が可能です。また、ハノイ近郊の省の雇用サービスセンター、労働産業部などと人材紹介で協定を結んでおり、これらの公的機関を通して地方でセミナーを開いたり、人材を紹介してもらっています。その他に女性組合や農業組合、ベトナム国家農業協会などのそれぞれの地方支部などから人材の紹介を受けております。

 

面接準備


面接の1週間ほど前には研修センターに入り、挨拶やマナー、自己紹介等、基本的なものを勉強します。その間、学習態度・生活態度の報告を行い、やる気や態度、学習進歩に問題がある場合は面接には参加できません。この間に入校から出国・帰国までの全工程を説明し、面接先の企業情報や地域などについて詳しく教え、労働条件や出国にかかる費用など詳しく教えます。

 

面接

面接や計算テストなどが一般的ですが、ご要望に応じて技能試験なども行うことが可能です。空港への送迎、通訳、観光、食事など全行程アテンドしております。実習生などからの手数料の負担を減らすために遊行費などは各自でご負担んいただいております。何卒ご理解をお願いいたします。

 

日本語教育・日本での生活マナー教育

面接合格後 面接合格後から6か月程度日本語や日本語の文化などを勉強します。毎月1回は教育担当者から成績や学習態度、生活態度などを報告します。問題があり、違反を繰り返すような場合、すぐに監理団体様に報告して対応を相談します。 教育 ・徹底した音読 日本人との会話の練習や自分のことや様々な場面設定で日本語で表現する練習などに取り組んでおりますが、特に徹底して取り組んでいるのは、地味ですが語学の基本である音読です。

語学は実践ばかりでは身につかないため、基礎トレーニングである音読を徹底することで暗記ではなく、体にしみこませていきます。外国語の上達スピードは個人差があり、すぐに話すことができるようになる人もいれば、後から上達してくる人もいます。徹底した音読の反復練習が後々の上達を支えます。 日本での生活ルールや将来設計 ゴミの分別や騒音問題などの生活マナーだけでなく、基本的な法律・税金・お金の使い方・性教育、ネット販売禁止、動物の捕獲禁止なども細かく説明します。また、帰国した後の将来設計なども具体的に考える機会を設けるています。

 

研修センター

・ノイバイ国際空港から車で35分のハノイ中心部。
・グエンチャイ大学敷地内で募集や教育で連携。
・大学や官庁舎の多い地域で、募集や教育様々な手続きに便利な立地。
・清潔で快適。教室に冷房も設置し、夏でも授業に集中できる環境。
・食堂、運動場や健康器具などで勉強に集中できるよう健康管理。