ベトナムの労働省と宿泊業の業界団体が何かの協定を締結したとのニュース

ベトナムの海外労働省DOLABのウェブサイトのニュースで、DOLABと全旅連さんではないかと思うのですが、日本の団体と協定を結んだとのニュースがありました。

ベトナムでの試験開始もいよいよ話がまとまってきたのでしょうか。

ここであまり期待しないほうが良いのが、ベトナムは日本から誰か行くとセレモニー的に喜んで覚書などにサインするのですが、介護でも様々な知事が入れ替わり立ち代わり訪問してきましたが、さっぱり動いていません。

明日には日本の新聞にも内容が出てくるかと思いますが、良い方向に転がることを期待しています。

 

協定の内容について触れてある箇所をGoogle翻訳しました。

この覚書に基づいて、労働戦争無効社会省は、関心のある労働者がこの章の情報にアクセスできるように、広範な情報とコミュニケーション計画を含む包括的な実施計画を策定しています。特殊技能労働プログラムに関連する両国の法的方針を提出し理解する。日本で働くために専門技能労働者を派遣する要件を満たす企業を選択します。ベトナムの熟練労働者の報酬条件が良好な契約を検索するための企業の条件を導き、作成する。企業の業務の検査と監督を強化する。ベトナムと日本の関連機関と協力して、仲介者を断固として排除し、留学を装って…ベトナム人を違法に海外に派遣する。

 

要するに

・ベトナム国内の特定技能希望者に情報提供する

・送り出し機関を選別する

・マッチングができるような条件を作る

・送り出し機関などへの監督を強化する

・ブローカーや偽装留学生の排除

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です