特定技能の在留資格が出ました

特定技能の在留資格が出ました

弊社で手続きしていた技能実習2号修了者が日本で特定技能の在留資格が出ました。

こういう事例がちらほらと出てきて、ガイドラインが決まっていないということで様子見だったベトナムの送り出し機関も積極的になりつつあるようです。

しかし、現状はそれぞれの送り出し機関や日本語学校などが独自に日本の企業と契約して進めていたでしょうが、ガイドラインが決まって、ベトナムでの省令が決まればそれに従わなければならなるため、取次料などの金額や支払いタイミングも変わる可能性もありましす、途中まで手続きを進めていても新たな省令により、「やり直ししてね」と振り出しに戻って、入国のタイミングも大幅に遅れる可能性は十分あります。

今は、取り締まる省令もないためやや自由にできているところはありますが、いつ取り締まりが始まるXデーが来るかもわかりませんん。

今回在留資格がでたのは、日本側や人材側が負担する費用もガイドラインで決まるであろう費用と同等のものでしたし、日本側とベトナム側で情報を共有してこういったリスクもお互いに想定していたため、Xデーが来てもダメージは最小限だったでしょうが、やるならXデーを想定しながら進めた方が良いでしょう。

現状、送り出し機関は関われというお触れが出たものの、まだ特定技能を開始するための登録がどこかに出たわけではありませんので、通常送り出し機関が関わるビザの申請はできず、旅行会社を通して大使館に申請するそうです。そういうことも労働省が教えてくれるようです。